AGAの治療は確立されている┃安く済む方法

薄毛が治せる医療機関

医師の男女

治療法が異なる

薄毛治療ができる医療機関には、一般皮膚科や発毛外来などがあります。一般皮膚科の薄毛治療は、プロペシアの投薬治療だけになります。基本的に薄毛治療の専門機関ではないので、最小限の治療になります。その分煩わしさがなく治療費がかからないのがメリットです。一般皮膚科は敷居が低く通院しやすいので、初めて薄毛治療をする人に向いています。薄毛治療の専門機関で研究が進んでいるのが発毛外来です。発毛について詳しい専門医がどんな症状でも適切に見極めて治療をしてくれます。皮膚科の治療で効果が出なかった場合は、発毛外来で薄毛治療を受けるのがお勧めです。ただし、最初にカウンセリングを受けて、治療費や治療法について詳しい説明を聞くことが大切です。

発毛外来での治療

発毛外来では、プロペシアの投薬治療をベースにして、その他の治療法を組み合わせてオーダーメイドの薄毛治療を行います。一口に薄毛といっても、ひとりひとりで薄毛になる原因が異なります。発毛外来では、精密検査やカウンセリングを通して薄毛の原因を明確にして、その原因にあった治療プログラムを提供しています。クリニックによってはAGA遺伝子検査、毛髪ミネラル検査などのオプションも選べます。育毛メソセラピーやノーニードルメソセラピーも、発毛外来で受けられる薄毛治療です。発毛に必要な成長因子やミノキシジルなどの有効成分を、注射器やレーザーなどで頭皮に注入します。頭皮に塗るよりも早く発毛効果を実感できる治療です。